翻訳技術

当社のプロフェッショナルな翻訳・ローカリゼーションの品質をもたらしている技術について詳しくご紹介します

当社の翻訳技術

日々の業務遂行における速度と能率を向上させることにおいて重要なのは技術であり、それは翻訳・ローカリゼーション分野においても例外ではありません。

コンピューター支援翻訳(CAT)ツール

AD VERBUMは、翻訳業界において利用可能な最新技術を取り入れており、

高品質な翻訳をお届けするために、様々なCATツールを用いています。CATつまりコンピューター支援翻訳(Computer-Assisted Translation)ツールは、ソースコンテンツを分節(通常、1つの文)ごとに分けることに使われます。

ファイルを分節化すると原文および翻訳文が分かりやすくなり、プロジェクトのメンバーの作業がしやすくなるのです。CATツールの使用は原文のレイアウトを維持することにも役立ちます。

また、CATツールのTM(翻訳メモリ)とLQA(言語品質保証)ツールによって、当社チームは翻訳の完全性と正確性を確保することができます。

当社は、指定ツールと自社サーバーを用いることで、ワークフローの完全なコントロールとお客様のデータの安全な保護を実現しています。

当社が選んだCATツールの利点:

  • 翻訳プロジェクトはTMとともに当社のサーバーに入れられるため、作業するフリーランサーたちはデータ(TMの内容など)を自分のコンピューターに保存しなくても、プロジェクトにアクセスすることができます。

  • 組み込まれている最新のQA機能を使えば、数回クリックするだけで、翻訳者、編集者、校正者は納品前に誤りの確認を行うことができます。

  • 急ぎのプロジェクトで複数の翻訳者が同時に作業する場合、CATツールを用いればTMが共有され、翻訳の一貫性と進行速度を上げることができます。

  • 翻訳結果はAD VERBUMのサーバーに保存されるため、当社スタッフは翻訳の進行をモニターすることが可能で、適時、翻訳者に連絡することができます。

翻訳メモリ(TM)

CATは、TMつまり翻訳メモリ(Translation Memories)と密接に連携して機能します。

TMとは、基本的には原語の分節(通常、1つの文)と対象言語の翻訳を収めたデータベースです。翻訳者が作業する際、原文の全文または一部に対して、同一または類似する以前の翻訳結果がTMによって提示されます。

新しいお客様と協働を始めるときは、お客様指定の言語の組み合わせそれぞれに対してTMが作成されます。当社が行った翻訳結果はすべてこのTMに保存され、以後のプロジェクトに使用すれば、お客様には以下のような利点がもたらされます。

  • 以前の翻訳結果との一貫性が保たれます

  • 納期が短くなります

  • 翻訳料金が下がります

同じお客様のために以前行った翻訳の内容と原文の一部または全文が一致する場合、TM内に保存された部分的(あいまい)、または完全(100%またはCM)に一致する翻訳結果が提示されます。

この一致結果の提示によって、以前の翻訳とだけではなく、現在翻訳中の文書内においてもお客様は一貫性を保つことができます。つまり、原文内に繰り返される文や言葉があれば、TMはそれを拾い上げ、最初に行われた翻訳が自動的に入力されるのです。

加えて、TM内に一致する分節が存在しない場合でも、「訳語検索」機能を使えば、リンギストは以前行われたプロジェクトで翻訳された個々の単語、用語、表現を見つけ出すことができます。

さらに、CATツールとTMの使用は、翻訳中または終了した翻訳の原文をお客様が変更された場合への対応などにも役立ちます。

元の文の翻訳はTMに保存されていますから、変更された文の翻訳開始前にこれを適用し、元の文と一致している箇所、そして変更されていて翻訳の調整か新たな翻訳が必要な箇所を把握することができるのです。

当社のブログにて、AD VERBUMによるTMの利用が競争上の優位性獲得に役立つことについてご紹介しておりますので、どうぞご覧ください。

用語集

TMの他にも、当社はお客様専用の用語集を用いています。

TMには原文および翻訳文の完全な文章が保存されているのに対し、用語集には個々の単語が集められています。用語集は、いろいろな文書にわたって重要な用語の表記を統一するために用いられます。用語集は、翻訳作業中にリンギストによって構築され、お客様のフィードバックに基づいて補完されます。

TMと同様に、用語集もCATツールに組み入れられ、翻訳中、該当する翻訳語が自動的にリンギストに提示されます。用語集は翻訳プロセスにおいて当社のリンギストによって構築され、お客様から用語関係のフィードバックがあれば、以後のプロジェクトでの用語の一貫性を保つため、それもTMや用語集に組み込まれます。

言語品質保証(LQA)

AD VERBUMの言語品質保証(LQA)部門は、自動化された品質保証(QA)ツールを用いて、翻訳文に技術的なミスがないかの確認を行います。これは翻訳文に人間の眼が見逃した問題がないか確認する特別なプログラムです。

当社のLQA部門では、翻訳文に技術的ミスや間違いがないことを確認するために最新のQAツールを用いています。当社が利用しているツールの完全なリストをご希望でしたら、どうぞお問い合わせください。

QAツールによって防ぐことができるのは、以下のような問題です。

  • スペルの誤り

  • 用語の不一致

  • 数字の誤り

  • 原文または翻訳文における分節レベルでの不一致

  • 翻訳抜け

  • 翻訳後のレイアウトに影響する可能性のあるタグの消失・誤り

  • 小数点や単位の誤り

  • 原文と翻訳文での句読点の不一致

  • 括弧などの約物の誤り・不一致

  • スペースの消失・過剰

  • お客様の特別な要件の不遵守

AD VERBUMのLQAスタッフは、お客様のコンテンツに最適なQAツールを選択し、それを用いて翻訳文の確認を行います。通常、確認結果としてQAレポートが作成され、問題の可能性があると指摘されたことを受けてリンギストは翻訳を調整し、誤りはすべて解消されます。

翻訳管理システム(TMS)

当社は翻訳管理システム(TMS)を用いて、翻訳・ローカリゼーション プロセスの能率化を行っています。当社がTMSで行うことは、翻訳依頼のプロジェクトへの分類、リンギストへの指示、QA作業などで、その他にもリンギスト データベースの維持や請求書発行にも使われます。

TMSには、お客様からのフィードバックの保存やフリーランサーの技能のモニターを行う品質モジュールも組み込まれています。TMSは、優れた構成の最新プラットフォームであり、AD VERBUMの社内スタッフにもフリーランス スタッフにも同じように利用されています。

カスタム ツール

世界中の多様な顧客基盤からのニーズを満たすため、当社はこの他のツールやプラットフォームも使用しています。

カスタムメードの社内ツールの利用を当社にお求めですか?お客様の選んだツールに合わせて、ワークフローの調整・構築を行うことが可能です。上記にないツールやプログラムに関する特別な質問がありますか?高品質な翻訳を作成するために当社が使用しているプログラムの完全なリストをご希望ですか?お問い合わせいただけば、お客様に最適なソリューションをご提案いたします。

今すぐ翻訳を開始する

AD VERBUM ISO Portfolio
ISO 17100:2015

翻訳サービス品質認証取得企業

ISO 9001:2015

品質マネジメントシステム認証取得企業

ISO 27001:2013

ISMS適合性認証取得企業

  • 言語サービス産業トップクラスの業界団体Globalization and Localization Association(GALA)会員企業

    言語サービス産業トップクラスの業界団体Globalization and Localization Association(GALA)会員企業

  • ヨーロッパにおける言語サービス産業トップクラスの業界団体ELIA会員企業

    ヨーロッパにおける言語サービス産業トップクラスの業界団体ELIA会員企業

ニュースレター購読